陰陽師 桜・・

Pocket

初霜の便りも聞かれる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

今回はわたくし桜の事を少しお話しさせて頂きます。

私、桜は陰陽師 木の家系で生まれ育ちました。木の家系は明治維新以降
陰陽師が表舞台より姿をけしてから、代々お付き合いのある特定の方達以外とは交流を持たず、
ひっそりと陰陽師としての役割を果たしております。

陰陽五行にもありますように、私たちは木の家系、火の家系、土の家系、金の家系、水の家系、があり、
それらをまとめる宗家の6家で成り立っております。

現在木の家系は母である梛(なぎ)が26代目を継承しており、
わたくし桜は27代目を継承するため現在も修行中の身であります。

「時代の変化に惑わされることなく」がよく母が口にする言葉ではございます。
母の言うとおり陰陽師が今も尚、存在する事ができるのは、古より受け継がれてきた陰陽道・陰陽師のあり方など
を時代の価値観で変えることなく代々守り抜いた証ではないでしょうか。

しかし目まぐるしい程の速さで変化する日本に、取り残される私達陰陽師・・
代々お付き合いのある、裕福な方達だけに施術や鑑定をし、さらに富を築かせる事・・

時として時代の変化に対応し、陰陽師の知識や能力をもって誰にでも分け隔てなく
幸せになるお手伝いができたら・・

恐る恐る桜は、その一歩目を歩み始めているところです。
皆様の笑顔が、わたくし桜の未来でありますように・・